calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

twitter

溶接の歴史

紀元前3000年頃に金属を接合する方法として、鍛接、リベット接合、ロウ付けが用いられた証拠がみられる。たとえば、メソポタミア地方で発見された雄鹿の頭部をあしらった銅製の飾り板(レリーフ)の枝角の接合にはロウ付けが用いられていた。





紀元前1400年ごろに造られた古代エジプト王、ツタンカーメンの黄金の棺の中から、鍛接したとみられる鉄製の装飾品が発見されている。





接合は古くから知られた技術であったが、近代的な技術としての幕開けは、19世紀に入ってからである。





1800年にイギリスのデイビーがアークを発見。





1831年にファラデイが電磁誘導を発見。





1860年ごろ発電機が開発され、アークや抵抗溶接のような技術が開発され始めた。





1880年ごろフランスのドメリタンが蓄電池の鉛板の接合に炭素アーク熱を利用した。


その弟子ドベナールが実用的炭素アーク溶接法を開発。





その後、それぞれ別々に金属電極と金属板との間に発生させたアークで金属板を溶融溶接する、被覆アーク溶接のもとになる「金属アーク溶接法」が開発された。





第2次世界大戦にかけて、サブマージアーク溶接、ティグ溶接、ミグ溶接などの溶接法が開発された。





1948年に電子ビーム溶接が開発。





1960年頃にレーザー溶接法が開発。





このように多種多様な溶接法とともに、材料や構造に応じて適切な溶接法を選択することが出来るようになってきた。








コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック