calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

twitter

摩擦攪拌接合

『マグネシウム合金の加工技術に関する最近の動向と今後』についての


セミナーに参加してきました。





講演の中に『摩擦攪拌接合に関する状況と今後』があり、これを聞くのが


目的でした。


今まで話には聞き、非常に興味はあっても、今一ピンとこなかった。





それが、実際に加工しているビデオを見て、やはり凄い技術です。





特徴として


1.溶かさない低歪み接合


2.作業環境改善、省エネ


3.熟練工が不要





特に接合後の変形比較では、アーク溶接は弓なりに反っていますが


FSW(摩擦攪拌接合)では、ほとんど歪んでいない。





今の技術では、付き合わせのみですが隅肉まで出来れば、もっと使用範囲が


広がるでしょう。





フレーム1





マグネシウム合金で作った自転車のフレームがサンプルでありました。


溶接のビードはアルミと変わらない感じ。





フレーム2


溶接のやり方もほとんど変わらないらしい。機会があれば挑戦してみたいです。








他はあまり聞いてませんでした。昨日の・・・・が。








本日のトレーニング


  ランニング:


     腹筋:30回


     背筋:30回








コメント
TITLE: Re:摩擦攪拌接合(09/30) SECRET: 0 PASS: マグネシュウムの加工が出来れば、 ヘラ絞り業界では、鼻高々なんやけど、難しいやろな〜

溶接は出来るんだ〜♪
TITLE: Re[1]:摩擦攪拌接合(09/30) SECRET: 0 PASS: タケやん2246さん

こんにちは。

>マグネシュウムの加工が出来れば、 ヘラ絞り業界では、鼻高々なんやけど、難しいやろな〜

材料がメッチャ高いらしいですよ。
すぐ錆びるとか。

>溶接は出来るんだ〜♪

出来るみたいですけど、需要がない。
需要は作るもんですか・・・
-----
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック